給湯器にもある寿命|生活に必要なアイテム

給湯器

お湯を使うためには

給湯器には屋外に設置するタイプや屋内に設置するタイプがあります。またマンションの設置に適したタイプもあります。どのようなものが設置可能かということや使用するガスの種類、給湯器の機能、号数などを確認し、業者に依頼するとよいでしょう。

何年くらいもつのか

湯沸かし器

利用頻度にも関係する

給湯器にも寿命があります。一般的には10年近くもつと言われていますが、使用頻度が高ければその分、故障もしやすくなります。10年ももたないかもしれません。寒い地域に住んでいる人は、どうしても給湯器が欠かせません。特に冬場は頻繁に利用するので、寿命が縮まってしまいます。急に使えなくなってしまうと大変です。寒い地域に住んでいる人こそ、定期的にメンテナンスをしましょう。もちろん、專門業者に依頼することになります。給湯器の購入時、寿命について業者に訊ねておきましょう。マンションなどに備わっている給湯器は、一斉に取り付けられています。そのため、寿命はどの部屋も一緒です。しかし、これも利用頻度によって多少のズレが生じます。マンションの場合には入っている業者が統一されているため、メンテナンスも一斉に行われることがあります。この点、とても楽です。管理会社の方でメンテナンスの依頼をしてくれるので、いつ点検を行ったのか忘れていても、管理会社が把握してくれています。一方、戸建ての場合には、自身で管理しなくてはなりません。いざという時のためにも、修理やメンテナンス業者を把握しておきましょう。連絡先は目に見えるところに置いておくと安心です。設置してから8年ほど経過したら、故障していなくても一度くらいはメンテナンスに来てもらった方が無難です。それから、故障した場合には早急に新しいものと交換してもらいましょう。迅速な対応で評判のいい業者を見つけることも大事です。

メンズ

水をお湯にする機器

ガス給湯器があれば、自ら沸かさずにお湯を使用できます。特に、お湯をタンクにためておき、それを複数の場所で使用できるタイプのガス給湯器に人気があります。また、床暖房に利用できたり、発電できたりするものもあります。メーカーによる定期メンテナンスがおこなわれるため、10年ほど使用を続けることが可能です。

給湯器

お湯が使えるまでの流れ

給湯器は耐用年数が10年と言われていることからいずれは交換時期がきます。もしも故障した時のことを考えて慌てずに済むように、業者への連絡から見積もり、注文、設置までの作業の流れを知っておきたいものです。